歩合給制で働いている場合、確かに通常の意味での残業代を請求することはできません。

通常の意味とは例えば1時間残業をすれば1時間分の残業代が請求できるということを指します。歩合給制で働くとはそもそも時間に応じて給料がもらえるわけではないのですから、それは残業の場合でも同様です。

ただしもちろん、残業をしてその間に歩合給の元となる何らかの成果を達成したのであればそれに応じたお金をもらうことはできます。これは歩合給制の場合の残業代だということもできるでしょうから、その意味では残業が全く無益なわけでは決してありません。

ですがいくら残業をしたところで、その間に何の成果も達成することができなかったのであれば給料は変わらないということになります。と書きましたが、実はこれは完全には正しくありません。その理由は、歩合給制であっても残業をした場合には割増賃金を支払わないといけないとされているためです。

残業をした場合には、その人の労働時間数と給料から計算した時給の少なくとも25%を割増として請求できることになっています。仮にこれで算出される時給が1000円の人であれば、残業を10時間行ってたとえその間に全く何の成果も達成できなかったとしても、1000円の25%に10時間を掛け算して算出される2500円が残業手当として支払われる必要があるのです。もし仮に全く残業をしなかったとすれば、成果としては同じはずですがこの2500円はもらえません。

歩合給制の残業代についてはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です