歩合給制の場合は残業代請求など全く無関係だと思っている人もいるかもしれませんが、これは正しくありません。

仕事をすればそれに見合った対価が支払われるのは残業であろうがなかろうが同じですし、また労働基準法上、残業には割増賃金を請求できることになっています。1日8時間、1週間に40時間を超えて仕事をした場合には残業代として2割5分以上、休日出勤の場合は3割5分以上の割増をすることと定められています。

そして、午後10時から翌日午前5時までは深夜勤務扱いとなり、ここでも2割5分以上の割増賃金が請求できます。もし深夜勤務と1日8時間以上、1週間に40時間以上の労働が重なった場合は割増賃金も加算され、合計して5割以上となりますし、休日勤務と深夜勤務が重なった場合には6割以上の割増賃金となります。

歩合給制の場合、仕事に見合った対価としては働いた時間で計算されるわけではなく歩合によって定まる金額となりますが、割増部分についてはそれとは別にもらうことができます。歩合給制ではこのことが忘れられがちですので、注意する必要があります。

例えばあるひと月の間で平均した時間当たりの給料が1000円であった歩合給制で働く人がいたとして、その月の間に残業をしていたのであれば1時間あたり250円以上の割増を残業代としてもらうことができますし、休日出勤をしていたのであれば1時間あたり350円以上の割増賃金をもらうことができることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です