歩合給制で働いている場合に残業代の請求はどうなるのでしょうか。

歩合給とは仕事の報酬が働いた時間に応じて決まるものではなく、働いている間に上げた成果に応じて決まる仕組みです。時間に応じて決まる場合は報酬は働いた時間に比例して決まることになりますが、歩合給制の場合は時間の代わりにその間に上げた成果に比例して決まることになるという違いがあります。

ですから、歩合給制の場合、1時間残業をしたからと言って1時間分の残業代が請求できるわけではありません。ですが、その1時間の間に上げた成果に応じた残業代を請求できることになります。これは当然でしょう。歩合給の場合は仕事の成果を上げればあげるほど給料が増えるわけですから頑張って働くことにもなるわけです。

一方、時間給で働いている人は残業をすれば割増賃金がもらえるということを知っているでしょうか。残業をした場合は、最低でも時給を25%増しにしないといけないと決められています。例えば時給1000円で働いている人であれば残業時の時給は最低でも1250円になります。

労働者にとっては残業はなかなかしんどいものですが時給がアップすることでモチベーションにもつながりますし、逆に会社側にとってはあまり残業をさせるべきではないという方向付けにもなっています。実はこのような割増賃金については歩合給制の場合でも適用があります。その意味では残業時のモチベーションアップにもつながることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です